棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2007. 10. 24

pixiv SITEINFO
本家のSITEINFOはジャンル無関係に増え続けているので、 もっと分類して取捨選択できたほうがいいんじゃないかなーと思っていたけど、 興味があろうがなかろうが、気が付いたらサイトの閲覧が便利になっているのが一つのコンセプトだとすると、 今の方向性のほうがいいのかも。 それでもデータベースの肥大化はそれなりに問題だと思うので、 AutoPagerize用のMicroformatsを普及させたほうがいいような気がします。 それはそれとして、SITEINFO_IMPORT_URLS用。5件超えると死ぬ。

2007. 10. 22

E-shuushuuとふたばのAutoPagerize SITEINFO
そんなわけで、こっそりとE-shuushuu(Kawaii Image Board)のSITEINFO。
ニッチな用途なので、本家の避難所Wikiには書かないでいいかなー。と。
ついでに、ふたば
0.0.10で@action対応されたのに、誰も書かないで避難所にリンクだけ置いてあるのは、 XPathで妙な解釈される不可思議なHTMLを打開するのが面倒だったのだと悟りました…。 hrが連続するのだけは回避できなかったのでご愛嬌。
ちなみに、AutoPagerize 0.0.15以降はフレーム内のページが処理されなくなっているので、 萌え連とかふたばをフレーム有りで閲覧すると、AutoPagerizeが機能しなくなってます。
if (window != window.parent) { return }
スクリプト先頭の判定部分(↑)をコメントアウトして回避するしかないっぽい。 iframe内のページだけを判定して無効化するようなことってできないですかね…。

  [ 1 ]