棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2007. 09. 15

雑記
Google ReaderにはてなアンテナのRSSも登録してみたんですが、どうにも被購読数の少ないフィードはあまりチェックしてくれない模様。 購読数が1人だと更新は3時間に1回という話もあるんですが、 24時間以上更新されないのは他に問題があるのかなあ…。 メーリングリストの一部をPlagger経由でGoogle Readerで読むつもりだったんですが、更新頻度が低すぎるとちょっと考えてしまいますね。 とりあえず置いてみます。けど。

そろそろ、「あまりも当たり前過ぎて21世紀に入ってから(ry」はガイドライン板にスレがあるかと思ったんですが。

2007. 09. 12

小さな幸せのためのマシン語
プログラマにとってマシン語を知っておくべきだという話は非常によく分かるんですが、 これは体感しないと理解されない感覚な気もしますね。

末端の三流プログラマでアセンブラでなんか書けと言われてもあうあうしてしまうような加須さんですが、 「ハッカーの教科書」とか「解析魔法少女美咲ちゃん マジカル・オープン!」とか読んでバイナリエディタとにらめっこしたり、 DiscStation(PC-98)から画像吸い出したいよなーとか思って逆アセしてCNSファイルのコンバータ(というか、ほぼLZ圧縮の展開コードでしたけど…)書いたりしたこともありました。

かといって、せいぜいニーモックの羅列を拒否反応なく読める程度にしかスキルはついてないんですけど、 それでもアセンブラレベルでどうやって動いているかを理解することで「ああ…俺、今もの凄く機械に優しい(?)コード書いてるんだぜ」とか思えるようになるのは確かで、 shi3z氏が言いたいことはそういうことなんだろうなあ、と思います。

個人的にはよほど酷い無駄コードでも書かない限り、劇的に処理速度が変わるなんてことはないと思っているので、 マシン語だったり(PHPみたいなLL言語であれば)内部処理を知っている必要はないけれど、 プログラマ自身の小さな幸せのためには知っておくといいよー、という感じなのではないでしょうか。

最近の仕事はもっぱらPHPなのであまりそういうことは考えずにやってますけど、 携帯Javaなんかは最適化でガリガリと削っていく感じがまだ残っていて楽しいですね。 Javaは「JAVAバーチャルマシン」読むと結構ワクワクします。
雑記
予約してまで買った限定モノに限っていつまでも売れ残っていたりして悔しいので、 あえてスルーしてみた「こどものじかん」4巻の初回限定版は、見事に店頭から無くなっていて案の定涙目。 秋葉原行けば残ってるかなあ…。

しかたがないのでブロードウェイでARIAのコレクションフィギュアを買ってみたりとか。 700円とは思えない出来の良さに、やっぱり日本に生まれてよかった喜びを噛みしめています。 藍華さんはやっぱり髪短いほうが可愛い。

2007. 09. 10

雑記
Google Readerは検索機能よりもサイトトップへのリンクが追加されたのが便利だなーとか思っていたら、 実は前から存在していたっぽいのでショック。 いつも表示をAll Itemsにしていたから気付いてなかっただけでした…。

AS3のサウンドライブラリ「popforge」がちょっと面白そうな感じです。

2007. 09. 04

雑記
数年前と比べてもPCスペックは格段に進歩していて、 ブラウザではタブを何十個も開き、画面の右下にお気に入りのアイマスMADを流しながら作業ができるような素敵環境があっても、 なんかたまにもっさりするんだよなーとか物足りなさを感じてしまって、どれだけ富豪的なんだよと思ったりとか。 メモリ2GB積んだ時の奇跡のような速度に感動したのはわずか半年前の話で、慣れって怖いです…。

2007. 09. 03

雑記
秋葉原のヨドバシ前でSunDiskがDUCATI デスモセディチを展示して販促していたのでタシーロ。 Ducati EditionなUSBメモリが売ってるのかなーと思ったんですが、 普通の(?)CFカードや携帯プレイヤーが展示されていただけだったのでちょと残念。 日本では発売されないんですかねー。

求人情報を眺めてみたりとか。 最近気が付いたことに、これまで勤めた会社はだいたい自分が辞めた後に異常に業績が伸びる傾向があるんですが、 これは辞めないで頑張るべきだったのか、自分がいたから伸びなかったのか考えてしまいます…。

  [ 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 ]