棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2007. 11. 18

雑記
このところ朝は5:00くらいに目が覚めるという妙に健康的な生活を送っているんですが、 別に早起きを心がけているわけではなくて、部屋に物が多すぎて布団が敷けないという理由で、無駄に毎朝ガクブルしてます。 本棚欲しい。

2007. 11. 11

雑記
自宅で使っているノートPCの液晶が調子悪くなって、画面の中央だけ暗くなってしまった。 サイト閲覧程度なら問題ないけど、エロゲやる気になれなくて凹みます。

購入からそろそろ3年で、スペック的にはまだまだ使えるけど、 最初に電源入れてからほとんど連続稼動させているので、そろそろガタが来る頃なのかも。 部屋でゴロゴロしながら、WSXGA+とかで作業できる環境がほしいです。 Vista買うくらいならMac買いたいけど、高いなあ…。

2007. 11. 09

雑記
ゆめにっき」始めた。
かえる取ったところで気分が悪くなってきたので中断。精神が病んできたら続きやります。

インストールメアリー」始めた。
課金しないと会話しかすることがないので、500円払って制服と眼鏡とリボン買った。エアロビシーン見るのは100円だった。これはよい愚民商売。 ありえないきょぬーっぷりは、プレイしてみると意外と気にならないけど、 アプリ自体はよくできているのに、キャラ絵で躊躇する人が多そうなのは、ちょっともったいないなあ。


最近、Google Readerの未読が(1000+)から減らない。

2007. 11. 07

とかちロイド
Vocaloid 2の特設ページがオープンしたときに、「第2弾が下田麻美なら5本買う」と書いたので、 5本買おうかと思います。1本は初音ミクにしてもいいですか。 まあ、釘宮理恵なら10本、植田佳奈なら20本は買いますけどねっ。

2007. 11. 04

古橋秀之・秋山瑞人講演会
法政大学で行われた『古橋秀之・秋山瑞人講演会』行ってきました。
デビュー以前のサークル・同人活動時代の話なんかは全然知らなかったので、いろいろと面白い話が聞けて良かったです。 両先生が予想以上に爽やかガイだったのと、大学時代からの付き合いということで、かなり仲が良いことに多少驚き。 終始和やかな感じで、充実した2時間でした。

(左)
講演会の様子
左から古橋氏、秋山氏、司会の早矢塚かつや氏

(右)
講演会終了後はサイン会
貰ってきた

聴講者は開始時点で約100人ほど。その後、少し増えたので120~130人くらい?
ゼミの話とかは結構あったんですが、全部書きおこすのは長くなるので、興味があったところだけメモしときます。
■ 学生時代の話
  • 秋山先生
    • 金原ゼミは所属していた小説サークルの先輩に誘われて、規定枚数さえ執筆すれば単位が貰えるというので入った (※金原教授は芥川賞作家金原ひとみの父親)
    • 古橋氏の漫研と秋山氏の小説サークルは、どちらも図書館の共同読書室で活動をしていたので、ゼミで一緒になる前からなんとなく面識はあった
    • 自分の作品「数値記憶(香港を舞台にした退役軍人の話)」のパロディ(大阪を舞台にした退役芸人の話)を書かれたときあたりから、古橋氏を意識するようになった
    • 当時発行した同人誌PENTAGRAMに「猫の地球儀」のベースとなる話(タイトル同名)を書いていた
  • 古橋先生
    • 勉強しなくても単位がもらえるということで、金原ゼミに入った
    • ただし、規定枚数は年々増えていくので、4年目は300枚なんて書けないと思って取らなかった (ゼミ室には行っていた)
    • 共通の先輩がいたので、秋山氏のことは凄いものを書くやつがいるとは知っていた。ただし、当時の秋山氏はギブスンを更に煮詰めたようなハードSFを書いていたので、内容はよく分からなかった
    • 最初は漫画を描きたかったが、ゼミ用に書いた小説「シバチン」は、教授に「こっちのほうが面白いから、漫画はやめて小説を書け」と言われた。結局、今は小説家になってる
■ デビューまでの経緯
  • 秋山先生
    • 卒業間際に、古橋氏が電撃ゲーム小説大賞の受賞からデビューすることを聞いて、「BLACK MAZIC」を投稿→入賞はできなかったものの、担当者の目に止まってデビューが決定
  • 古橋先生
    • カプコンにグラフィッカーとして入社するも、周囲とのレベルの差にダメだと思って、初ボーナスで東芝ルポを購入。電撃ゲーム小説大賞への投稿からデビューに至る
    • ちなみに、東芝ルポを購入したのは、ルビがふれるから (当時の古橋氏にはルビ重要だった)
    • 当時カプコンで制作していたのは「バイオハザード」。テクスチャとか描いてた
    • バイオの開発が一段落するまでは退職できなかったため、デビュー決定後も半年ほど会社勤めしていた
    • 退職手続きの用紙を貰いに行ったときには、岡本吉起に「自分、いい笑顔やなー」と言われたらしい
■ 創作術について
  • 秋山先生
    • 執筆環境は普通のデスクトップPC+椅子…はゲーム用で、座椅子+コタツ+ノートPCで書いている。これは腰に悪いので、皆も気をつけて
    • (自分が読者として読んでいるときに)描写があっさりとしていたり、改行が多いものは嫌いなので、結構みっちり書くようにしている
  • 古橋先生
    • 秋山氏はオチから考えて書くけど、自分は設定先行で、それを並べるようにして書く
    • (秋山氏の「それは理解できない」という発言に対して) だいたい途中で止まるw
    • 書けないときは、むしろ精神的なもの(鬱状態だったり)なので、ご飯食べて健康的な生活を送るのがいいよ。あと、踏み台を毎日とか。
■ DS電撃文庫について
  • 秋山先生
    • 企画にはノータッチ
    • アニメやゲーム化については、基本的に「何をやってもいいので、好きにしてください」と言っている
    • 初期の仕事(「鉄コミュニケイション」のノベライズ)で自由にやらせてもらえて非常に良かったので、逆の立場になった場合も、自由にやってもらえるようにと思っている
■ 質問コーナー
  • 「E.G.コンバット」の最終巻は…?
    • 実は上下巻と全3巻の構成で、2回くらい最後まで書いている
    • 全4巻構成で書き直したけど、ネタを使い切ってしまったので(続きを書くのは)しんどい…
    • どうしても読みたい人は、メディアワークスの前担当ミネさんのHDDに上下巻/全三巻バージョンの原稿が残っているはずなので、なんとか入手してください(笑)。自分の手元にはもうない
  • 「ミナミノミナミノ」の続編は…?
    • あれはもういい(笑)。もし、タイミングがあれば…
    • プロット上は前後編の2部構成だったらしい
  • 秋山先生の著者近影が怖いのは何故?
    • 電撃文庫の著者近影は、特に規定がないので絵でも写真でもなんでもいい
    • 当時はなにかやろうと思って、デジカメで撮った自分の写真をいろいろ加工したものを3パターンくらい作って送ったら、あの写真が使われた
  • 「猫の地球儀」にはヒロインらしいヒロインが登場しないが、電撃文庫的にはOKだったのか?
    • 本当はクリスマスもいなかった。表紙用に女の子が欲しいと言われてので書いた
    • (PENTAGRAM掲載の「猫の地球儀」には片腕の女の子が登場することについて)下敷きにはなっているけど、あまり関係ない
  • 「おれはミサイル」は書籍化される?
    • 書き下ろしでもう1本書いたら、(「海原の用心棒」と一緒に)書籍化される予定

質問コーナーは秋山先生向けが多かったので、ちょっと偏ってますね。 実際には小説の書き方のアドバイスだったり、両先生向けの質問があったりもしたんですが割愛。 個人的には「E.G.コンバット」のことが全てといっても過言ではなかった…。

  [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 ]