棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2007. 08. 07

雑記
止マナイ雨ニ病ミナガラ ヤンデレとかヤンデレとか。
ヒロインに割り当てる記号が枯渇してきたからって、貪欲すぎる気がしないでもないですが…このジャンルは大好きなのでもっとやってほしいです。 ちなみに後者の「止マナイ雨ニ病ミナガラ」はニュー速VIP発祥でありながら異常に出来がいいので、 普通に完成を楽しみにしてたりします。体験版やる暇がない人は、ニコニコ動画のハイライトをどぞ。

RSSで吐き出す記事リンクが間違っているとのメールをいただいたので修正しました。 RSSリーダーを更新チェッカーとしてしか使えない自分はWeb2.0時代の落ちこぼれ。 嫌いなものは「もっと読む」リンクです(>_<)

2007. 08. 06

あふぅ…
ニコニコでアイマス動画のチェックに余念がない加須さんですが、コミュのネタバレには結構気を使っていたつもりが、美希覚醒イベントをうっかり観てしまって激しく凹んでます。 うあー、あれはゲーム中に観たかった!悔しい、悔しい。でも、こんなことで俺のアイマス熱は冷めないんだ…ぜ。

ちなみに、IDOLM@STERはアケ版すら全くプレイしたことがありません。
雑記
最近の加須さんは、XBox360とアイドルマスター買うために節約生活を送ってます。 小説とか漫画とかエロゲとか、とにかく買ってしまう生活を改めれば普通に買えるような気もするんですが、なんとも。

今は「School Days」プレイ中。刹那可愛いよ刹那。アニメ放送開始前に終わらせるつもりが全然進んでません…。 「リトバス」はクドの特典目当てに2本買ったものの詰んでいるので、「うみねこ」読み終わってからゆっくり始める予定です。多分。


タイムリープぶーとべんち。 普通にアイマスで吹いた。teatimeは空気読みすぎだと思いますw
なお、タイムリープ本編はアイドルを育成するゲームではありません。
我が家のノートPCだと、8~12fps程度でエフェクト有効にすると3fpsとか…orz
思えば新しいPCを購入するときの指針って何のゲームが動くかで決めていた気がしますが、最初は「雪蛍」で次は「らぶデス」だったような。 MA@YA氏のキャラがポリゴンで動いていれば幸せみたいです。年末くらいに新調したいなー。

2007. 08. 04

改装中
blosxomの内部構造とかだいぶ忘れてしまったので、サイト構成を弄るついでにblosxom starter kitに入れ替えました。 そんなに意味はないですが。blosxom本家は消滅して、現在はsourceforgeでメンテされているんですね。

過去ログはぼちぼちと移行中です。2年前は何を書いていたんだろうなーと読み返すと、なかなか酷い文章ばかりで自殺したくなりますねw
一応消すのもなんなので残してありますが、URLとか変わっているかもです。blosxomプラグインとかは倉庫逝き。
こっそりと。
時代の波に置いていかれているような気がするので、リハビリも兼ねて更新再開。 2年以上も放置するとは思ってはいませんでした…。

ええと、これまでのあらすじ。
人生から逃げ出した加須さんは3ヶ月ほど引き篭もって悶々とした後、弾が多めなゲーム会社に就職して鯖とか捌いてました。 そこで2年ほど働いたところで、知人に誘われて会社を変ってみたところ、入社した翌月には会社が倒産寸前になってて途方に暮れているところです。 今日もびりっと頑張るぞー。

2005. 04. 16

続・アニメ新番組ネタ
ヌルヌルでパンチラで「双子の天使が舞い降りてきて世の悪事をぶっ倒しちゃうぞ!」…?
第1話はドタバタ活劇だったけど、第2話は3人を主軸にした日常といった感じで予告編で感じた雰囲気に近くなってましたね。 緩急の付け方が巧いなあなんて思いながら、とりあえず白鐘姉妹スキーは今からDVD全巻予約しても後悔しないような気がしました。 なんだかんだで今期では一番期待してます。age。

久々に硬派路線かと思ったら変態路線でしたか(w。 テレビ朝日以外の局では規制にかかりそうな表現が目立って逆に新鮮でしたが、 エログロバイオレンスなB級臭漂う作品は珍しいですね。 それでもGONZOモノは例によってストーリーじゃなくて映像で楽しむのが正解っぽいので、 展開次第では途中で脱落しそうな予感です。結構楽しみにしてたけど。
雑記
ブロッコリーのおかげでサーキット・ブレーカーという株式用語(?)を初めて知りました。カッコ良すぎ。

2005. 04. 14

雑記
Gmail。日本語化もいいけど、SPAMフィルタを無効にするオプションが欲しいです。

アニメ新番組ネタ。
『ゾイドジェネシス』は久々に原点回帰っぽい雰囲気で、2作目以降どうも馴染めなかったけど今回は期待できそうな感じですね。 敵側(?)のゾイドデザインがまたカコイイです。 レ・ミィたん可愛いなあとか思っていたらキャラクター原案が統月剛氏だったので、問答無用で最終話まで観ることが決定しました。 オパーイの大きなキャラ登場に期待してます。
『極上生徒会』。 どことなく古典的な雰囲気が漂ってるんですが、黒田脚本のノリだけで問答無用に面白く感じてしまっている気がするような。 脚本家は偉大だ。 とりあえずこの2作品はチェキということで、これから『フタコイ』観まっす。

  [ 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 ]