棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2008. 03. 17

SeaHorse版 拡張マイリスト (0.8.1_sh)
flvplayer_wrapperと併用すると登録に失敗するとの報告をもらったので修正。

動画タイトルの取得に失敗すると登録されないというのは以前にもあって、タイトル部分のHTMLを書き換えてしまうような仕組みがあると共存が難しかったりします。 この手の機能を作る場合は、あまり元の構造を崩さないように作ってもらえると嬉しいかもですね。 あと、たまに登録ボタンが複数表示されることがあったので、ついでに修正しています。
SeaHorse版 拡張マイリスト
SleipnirのSeaHorseが、Greasemonkeyとどの程度互換性があるのか気になったので、需要無視で作ってみたりとか。 簡単な動作検証していないので、一応人柱版ということで。

SeaHorse(SleipnirScript?)では、画像の読み込み完了までスクリプトが実行されないので、 ニコニコ動画のように画像数が多い場合は、なかなかリストが表示されないかもしれないです。 データはSQLiteのデータベースとして保存されるので、コピーするだけで他の環境に移動できるのはGreasemonkey版よりも便利。

SeaHorse用に変更が必要なところはGM_setValue()なんかの専用処理だけで、 基本的にはクロスブラウザを意識していなかったJavaScriptコードを修正するのがメインだった気がします。 Firefoxの恵まれた環境に比べると、IEでの開発やデバッグはいろいろと面倒ですねー。
Greasemonkey→SeaHorse移植時の変更点
とりあえず変更したところをメモ。
SeaHorseに合わせたというよりも、Internet Explorerで動作することを考慮しなさすぎバカスという感じでした。


1. Object のプロパティ列挙で、最後に「,」つけてるとNG
var Hoge = { foo = 1, bar = 'fuga', // ←最後に「,」があるとNG }

2. イベントハンドラの設定方法を変更
attachEvent()を使用する。第一引数も微妙に違うのでたまに忘れる。
- obj.addEventListener("click", onClinkHandler, false); + obj.attachEvent("onclick", onClinkHandler);

3. setAttribute()で設定できないプロパティがある
「.」でアクセスする。classとかstyleとかcolspanとか。
- obj.setAttribute('class', 'hoge'); - obj.setAttribute('style', 'border:none; color:red'); - obj.setAttribute('colspan', '4'); + obj.className = 'hoge'; + obj.style.cssText = 'border:none; color:red'; + obj.colSpan = 4;

4. イベントハンドラでthisが参照できない
applyとか使う。thisで参照したいobjectをローカル変数に保存してから渡してもいいみたい。

5. toSource() が使えない
シリアライズを実装する必要がある。 CodeReposのObject.toSourceとか、 小飼弾氏のunevalとかを参考にしてみる。 後者は複数行のstringに非対応っぽいので、ちょっと修正が必要。こんなのでいいのかな。
var name2uneval = { 'boolean':uneval_asis, 'number': uneval_asis, 'string': function(o){ return '\'' + o.toString().replace(/[\\\"\']/gm, function(m0){ return '\\' + m0; }).replace(/\r\n|\n/gm, "\\n") + '\''; }, 'undefined': function(o){ return 'undefined' }, 'function':uneval_asis };

6. document.evaluate() が使えない
XPathで検索できないので別の方法で頑張る。 JavaScript-XPathという手段も。

7. メモリリークする
「IE 循環参照 メモリリーク」とかで検索すると結構ヒットする問題。 一晩放置するとメモリ消費量が1GB超えたりとか大変なことになっていたので、いろいろと対応。 ほとんどリークしないようにはしたつもり。

8. windowオブジェクトは暗黙のthisとして存在しないので明記する
window.setInterval(...);

9. Greasemonkey API
GM_setValue/GM_getValue しか使っていないのでSQLiteでなんとかなるかなーと思っていたら、 既にAPI一式のラッパーライブラリを作っている方が。 互換性は微妙とは書いてあるけど、GM_setValue/GM_getValueについては今のところ問題なし。一番使われてそうなGM_xmlhttpRequestはどうなんだろう。

10. ファイルのエンコードはShift JIS
コメントや文字列に日本語を使っている場合は注意。