棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2008. 01. 15

Norton AntiVirusをアップグレード
Norton AntiVirusの更新期限が切れそうだったので2006→2008にアップグレード。 2008の製品説明に機能向上とか高速化とか書いてあるんですが、更新サービスの期限切れのときって期間延長だけ勧めて、 アップグレードを勧めないのは何故なんでしょう。なんか旧バージョンのまま期間延長して使い続けるのは損している気がするんですが…。

ノートン アンチウイルス2008 は1ユーザー版で同一世帯のパソコン3台までご利用いただくことができます。
おお、知らなかった…って、2008から3台まで利用可能になってたんですね。 以前は2ライセンス版とか購入していたのに、太っ腹というか。 一般家庭では複数台の利用なんて少ないから、Symantecとしてはそんなに問題ではないんでしょうか。 期限残ってるけどNorton2005のマシンもアップグレードしたほうがいいのかな。
雑記
最近は「ピリオド」やってます。
白詰草話、Quartett!とFFDのシステムがあまりに素敵だったので、 3作目以降はいまいちピンとこなくて買っていなかったLittleWitch作品なんですが、今回は久々に。 発売前から期待していたこともあって、多少贔屓目もあると思いますが個人的には結構満足でした(まだ半分もクリアしてないですけど)。 ネタバレ回避で見ないようにしているけど世間の評判はどうなんだろう。

とりあえず小羽、美由ルートを進めて、王道学園モノいいよねーとか完全に緩みきっていたら、 鈴ルートの予想外のガチ展開に思わず「ライター空気嫁!(訳:グッジョブ)」。 未プレイの人は後回しにしておくとより感動的かもしれません。あと琴先生も後半推奨らしいです。 最初のうちは、小羽ルートとかでめいっぱい萌死するといいですよ。 そういえば、ルートによって雰囲気が違うのはエロゲではよくあることですけど、今回メインシナリオだけで4人もいるんですね。

システムやインターフェースデザインは相変わらず業界随一の完成度。 エロゲに限らずゲーム屋さんは見習ってほしいですねー。 あとは主題歌の「永遠の存在者/pigstar」が凄く良かったです。 この曲を採用したためにムービー公開はストリーミングのみとか、体験版が本数限定/雑誌収録なしだったとか異例なことがありましたけど(全部JASRACのせいなんですが)、 結果としては成功だった気がします。製品版収録のOPムービーが微妙に低画質だったのは実に残念。
【関連】 永遠の存在者 PV (ニコニコ動画/Youtube)


それにしても今回はヒロイン8人いながら、全員が徹底してつるぺたというのは、 大槍葦人氏も最後の作品になりかねないことを覚悟して若干趣味に走ったんでしょうか。 フルボイスとかネットラジオあたりは前作からやってますけど、 今回はかなり狙った(媚びた?)キャラデザだったり、キャラソンCDを出してみたりと、LittleWitchも方向性を模索中な印象を受けますね。 ここ何作か買ってなかった自分が言うのもなんですが、好きなメーカーだけに頑張って生き残ってほしいんですけど…。

そんなわけで、またプレイ再開してきます。 ゲームはほどほどに勉強するつもりが、小羽ルートをクリアしてから止まらなくなって、ここ3日くらいはずっとやってますよ。 エロゲは1日24時間までって決めてたのに(>_<)
今日の浪費
アジャイルプラクティス 達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣」。
少し話題になっていたので。 新しい職場ではチーム開発も増えるだろうし、ちょこっとソフトウェア開発技法も勉強しないとなー、とか思ったりもするのですが。

ハヤテのごとく! 14 (少年サンデーコミックス)」。
アニメ化の影響で一気に売れてるっぽいですね。 釘宮病といってもSI型感染者だから、最初の数回しか観てないんですよねー。 最近原作ではナギの影がめっきり薄くなっている気もしますが、ハムとヒナギクがいれば幸せなので特に問題はありません。