棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2007. 12. 13

『電子の海』 クリエイティブ・コモンズで全曲無料配信
エスプガルーダの作曲者SOU1氏のファーストアルバム『電子の海』が、CCライセンスで全曲配信されたとのことです。 エスプガルーダのセルフアレンジも収録ぽい。 muzieで一部の曲は試聴できたけど、全て無料で公開というのは素敵すぎます。
地味なBGMに定評のあるCAVEシューの中で、唯一初代ガルーダだけは印象深いメロディーが耳に残っていて、一番のお気に入りなのです。 難易度が低めなので一番やりこんだからという話もあるのですが。。。
雑記
あわわ、なんか1週間経ってたりしますよ。
会社の諸々撤収作業は目処が立ったので、ようやくニート生活に入れそうです。 就職活動は先方の返事待ちなので、それまで遊んでやるー。とりあえずアニメでも観ます。

アニメといえば「電脳コイル」は最後まで観ましたよ。終盤の展開は、お子様たち置いてきっぷりと合わせて、 二重の意味でドキドキしながら観てました(NHKは以前にも「ジーンダイバー」とかでもっと酷いことやってますけどw)。 エピローグまで綺麗に締めてくれたて、すこぶる名作でした。 作画も終始安定していたし、全体的に丁寧な作りでしたねー。 NHKアニメはどれも安定して高品質だけど、なんだかんだで低予算という話なんですよね。 受信料上がってもいいから、ちゃんと制作費使って、これからも良い作品を作ってもらいたいものです。

今年は原作物のアニメが結構調子良かったけど、オリジナルだと電脳コイルの他にはアニマスとコゼットくらいしかなかったような気がするなあ。 コゼットはBIGLOBEで全話無料配信中なので、 未見の方は是非観ると良いのですよ。Windows+IE専用なのが微妙ですけど。 少年犯罪が増えるのも、携帯小説が映画化されちゃったりするのも、みんな子供の頃に世界名作劇場が放送されていないゆとり世代だからですってば。 みんな名作劇場をもっと観るべき。 中盤以降はコゼットが成長して萌え悶えることができないので、20話まででもいいから観るべき。
今日の浪費
「刀語 第十二話 炎刀・銃」。「ひぐらしのなく頃に 第三話 祟殺し編(上)」。
月初恒例の講談社BOX新刊。 小説の場合は刊行ペースがまちまちなので、結構やきもきしながら続きを待ってたりしますけど、 定期刊行されるというのは読者にしてみれば嬉しいものですね。
既に原稿がある「ひぐらし」はともかく、「刀語」のほうはだいぶ締め切りに追われている感のある内容だったので、 さすがに毎月刊行というのは無理のあるスケジュールだった気がしますが、 4ヶ月でも半年でもいから安定して続巻なり新刊が出てくれるだけで、だいぶ安心なんですけどねー。