棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2007. 11. 25

カルチャーブレーン
サイトのデザインは以前からあんな感じだし、そこまで酷いとも思えないけど、 デザインなんかよりも注目すべき点はあるような気がするのですよ。コレとか。
◆人工知能対応戦略ソフトウェアの開発に成功。競争力は100倍。

当社開発ツールの人工知能がアシストしますので、全くの初心者でもストレスなく企画・開発・制作に従事できます。今までゲーム開発に携われなかった優秀なクリエイターがその能力を有効に発揮できるようになり、開発力も大幅にアップします。

カルチャーブレーン - 会社概要

人工知能搭載の開発ツールですよ。 DSソフトなんか作ってないで、これを販売すれば、世界的な大企業になるくらい画期的だと思ってるんですが、どうなんでしょうか。 ちなみにリニューアルして何故か削除されてますけど、以前は「Generator21」という開発環境もあって…
◆開発装置 Generator21。◆

現代のゲーム開発はプログラム言語レスの時代となっており、従来のゲーム開発方法では生き残ることができません。当社では、日々進化する開発装置「Generator21」を開発することにより、コンピュータ知識の全くないクリエイターがテレビゲームの企画やデザイン等の制作に参加できる開発環境を実現しました。

カルチャーブレーン - 会社紹介 (WebArchive)

という、これまた画期的なツールだったはずなんですが、どうにも歴史から抹消されてしまったようです。 だから、これだけで食っていけると思うんですけど。 2015年には数千億円企業を目指しているとのことなので、きっとその頃には世界中に普及していて大儲けなのでしょう。

カルチャーブレーンというと、「スーパーチャイニーズ」と「飛龍の拳」をひたすら移植している会社という印象だったので、 最近聞かなくなって事実上ごにょごにょしちゃった(失礼)のかと思ってましたが、 今でも年に数本程度リリースしているんですね。 あまりネガティブなこと書くと社長本人からクレームが来るらしいので、 とりあえず「これからも社長の動向をヲチ応援してますっ(>_<) 」…って書いておけばいいのかしら。
雑記
Google Readerの未読件数は、たまに勝手に減ってる気がするんですが、気のせいなのか不具合なのか。
メールもそうだけど、未読というのはいつまでも過去に引きずられているようで、あまり健全じゃないような気がしてきた。 ネットのニュースやブログなんて別に読まなくたって困ることはないんだし、 一定期間過ぎたものはゲシゲシと消していくといい。

時間も金もあるに越したことはないけど、 むしろ制限されていたほうが、浪費せずに有効活用される気がします。 普通の人はそのくらい自己管理できるんだろうけど、自分の場合はどうにもよろしくない。 今日も観てないアニメが溜まっているのに、永井先生の動画で一日費やしてしまったというお話。 まさかのアイマス配信2周目継続中なのか。
今日の浪費
「The Book」。
装丁が渋くていいなあ。 そういえば、店頭で見かけるまでタイトルとか知らなかったんですが、 小説版の題材はまさにThe Book=小説みたいですね。 本のスタンドって、ボインゴのことかー(違。 珍しくすぐに読んでしまいたい衝動に駆られているので、 どうせハードカバーは通勤中に読むのは難しいし、明日辺り布団に籠って一気に読んでしまうかも。

「ユリイカ増刊 総特集 荒木飛呂彦─鋼鉄の魂は走り続ける」。
買おうか買うまいか悩んでいたんですが、最初の数ページだけの特集だったら嫌だなあと思っていたら、 一冊丸ごと荒木本という話だったので購入。 ぱらぱらとめくってみた感じ、買って良かったと思える充実っぷりでした。 どうでもいいけど、こっそり参加した渋谷ジョジョ立ちの写真に微妙に写ってる…。