棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2007. 10. 22

NTT東日本お客さまサポートの対話型アシスタント 鈴木ひとみさん
また、こういうネタかwww
遊ばれると分かっているはずなのに作ってしまうあたりが素敵です。 形態素解析の精度云々よりも、ボキャブラリと台詞のセンスに注目されると思うので、後発はその辺を頑張ってほしいですねー。 ある意味、本来の用途なのでw

アイフルのお姉さんを超えるほどのクオリティは、なかなか到達できない気がします。
E-shuushuuとふたばのAutoPagerize SITEINFO
そんなわけで、こっそりとE-shuushuu(Kawaii Image Board)のSITEINFO。
ニッチな用途なので、本家の避難所Wikiには書かないでいいかなー。と。
ついでに、ふたば
0.0.10で@action対応されたのに、誰も書かないで避難所にリンクだけ置いてあるのは、 XPathで妙な解釈される不可思議なHTMLを打開するのが面倒だったのだと悟りました…。 hrが連続するのだけは回避できなかったのでご愛嬌。
ちなみに、AutoPagerize 0.0.15以降はフレーム内のページが処理されなくなっているので、 萌え連とかふたばをフレーム有りで閲覧すると、AutoPagerizeが機能しなくなってます。
if (window != window.parent) { return }
スクリプト先頭の判定部分(↑)をコメントアウトして回避するしかないっぽい。 iframe内のページだけを判定して無効化するようなことってできないですかね…。
自動スクロール
ブラウザなんかで、マウスのホイールクリックで自動スクロールする機能は、 画面が動いているとテキスト読むには適していないし、 一気にスクロールさせるならホイール回したほうが狙った位置に止めやすいのであまり使ってなかったんですが、 画像掲示板だったり(画像系の)Tumblrだったりを見るには意外と便利だということに気がつきました。

画像だったらスクロールしながらでも充分確認できるし、 自動的に先のページを読み込んでくれれば、興味を引く画像が見つかるまで速度を調整しながら流しっぱなしにしておけるので、非常に効率がいいです。 AutoPagerizeみたいな仕組みが出てきてから、急に使い勝手が良くなったような気がしますねー。 Google Readerに登録したTumblrを同じフォルダにまとめて一気見とか、ホイール超回転させなくても良くなったので楽すぎです。 見直したっ!