棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2007. 09. 12

小さな幸せのためのマシン語
プログラマにとってマシン語を知っておくべきだという話は非常によく分かるんですが、 これは体感しないと理解されない感覚な気もしますね。

末端の三流プログラマでアセンブラでなんか書けと言われてもあうあうしてしまうような加須さんですが、 「ハッカーの教科書」とか「解析魔法少女美咲ちゃん マジカル・オープン!」とか読んでバイナリエディタとにらめっこしたり、 DiscStation(PC-98)から画像吸い出したいよなーとか思って逆アセしてCNSファイルのコンバータ(というか、ほぼLZ圧縮の展開コードでしたけど…)書いたりしたこともありました。

かといって、せいぜいニーモックの羅列を拒否反応なく読める程度にしかスキルはついてないんですけど、 それでもアセンブラレベルでどうやって動いているかを理解することで「ああ…俺、今もの凄く機械に優しい(?)コード書いてるんだぜ」とか思えるようになるのは確かで、 shi3z氏が言いたいことはそういうことなんだろうなあ、と思います。

個人的にはよほど酷い無駄コードでも書かない限り、劇的に処理速度が変わるなんてことはないと思っているので、 マシン語だったり(PHPみたいなLL言語であれば)内部処理を知っている必要はないけれど、 プログラマ自身の小さな幸せのためには知っておくといいよー、という感じなのではないでしょうか。

最近の仕事はもっぱらPHPなのであまりそういうことは考えずにやってますけど、 携帯Javaなんかは最適化でガリガリと削っていく感じがまだ残っていて楽しいですね。 Javaは「JAVAバーチャルマシン」読むと結構ワクワクします。
httpd.confで許可したIPアドレス以外はDigest認証
<Directory "/path/to/htdocs">
    AuthType Digest
    AuthName "Authentication Required"
    AuthDigestFile /usr/local/apache2/conf/.htdigest
    Require valid-user

    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from XXX.XXX.XXX.

    Satisfy any
</Directory>
なんか、すぐ忘れるのでメモ。
Apache2.0.61に更新したけど、UserDirが<IfModule mod_userdir.c></IfModule>で囲まれないのは、 メールとか出せば修正されるのかしら。--disable-userdirすると( ゚Д゚)マズーなはずなのに、結構何年も放置されてる気が。
雑記
予約してまで買った限定モノに限っていつまでも売れ残っていたりして悔しいので、 あえてスルーしてみた「こどものじかん」4巻の初回限定版は、見事に店頭から無くなっていて案の定涙目。 秋葉原行けば残ってるかなあ…。

しかたがないのでブロードウェイでARIAのコレクションフィギュアを買ってみたりとか。 700円とは思えない出来の良さに、やっぱり日本に生まれてよかった喜びを噛みしめています。 藍華さんはやっぱり髪短いほうが可愛い。