棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2007. 09. 11

USB接続のカセットデッキ
一時期だいぶ処分したんですが机の引き出しにはまだカセットテープが結構残っていて、 いつかはCDなんかに退避させたいなあと思いながらも放置していました。 ラジカセも壊れてしまったので今更買うのも微妙だと思っていたんですが、USB接続でテープの音をPCで再生・録音できるカセットデッキ(?)があるようです。

カセットの他にAM/FMラジオのチューナー内蔵。RCA入出力、フォノ入力、7.1ch対応。リモコン付き。 PC上では専用プレイヤーで再生・録音が可能、ノイズ除去に使用するのか音声編集ソフトも付属するみたいです。 写真を見た感じではデザインも大きさも悪くないので、ちょっと気になるアイテムですね。

韓国メーカーの製品なんですが、日本では輸入販売している店はなさそうなので、海外通販するしかないみたいです。 価格は319,000ウォン(日本円で25,000円くらい?)ということで若干高い気もしますが、ニッチな市場なので仕方ないのかもしれないです。 韓国語の分かる知り合いって誰かいたかなあ…。
関連:PlusDeckEX 公式サイト
Vocaloid 2『初音ミク』デモ版配布決定
10日間の試用限定版が、10/5発売のDTMマガジン 11月号にて付属DVDに収録とのこと。 表紙が初音ミクで、使い方の記事も連載開始とかVocaloid 2始まりすぎですねー。 これでニコニコ界隈がまた盛り上がって、歌以外の予想外の使われ方とかも出てきそうな感じです。 個人的にJRの発車音は新しかったんですがw
サスペンス映画の由来
人の心を宙吊りにするという意味で、ズボンのサスペンダーに由来する。
本日のトリビア。 Wikipediaより。
今日の浪費
「今日の早川さん」。
これは本好き歓喜な内容で思わずニヤニヤしてしまいますねー。 同じように本好きな友人は周りにはいないし、内容についても実際にあるというわけではないのに、 何故か共感できてしまうネタの数々が気持ちいいです。 SF中心なのも嬉しい感じですが、登場する作品の幅広さに圧倒されるというか、作者氏はいったいどれだけ読んでいるのかとw

ジャンルにミステリが含まれないのは、一般的なので比較的迫害されないからでしょうか。 SFやホラーもそこまで変な印象はないとは思いますけど、 国書刊行会とか普通の人はまず出版社からして聞いたこともない上に、刊行物を知ったら結構引かれる気がします…。

名前といえば帆掛さんの元ネタが分からなかったんですが、 昔の創元文庫には帆船マークがついていたからだそうです。

現在もWeb上での連載は続いているとのことなので、続巻も楽しみです。 作品自体は最近話題になってから知ったので1巻はまるまる楽しめたんですが、2巻以降のことを考えるとWeb連載のほうは読まないほうがいいのか悩みどころですね(もう読んじゃってますけど)。 おねーさんたちに弄られるラノベ大好き富士見ちゃんの可愛さは異常、とだけは書いておきます。