棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2004. 07. 18

お買い物
コミケのカタログ買いに行こうと思ってたのに、すっかり夜になってるので夕飯の買出しついでに地元の本屋へ。 カタログは明日ですな。

小野不由美 『黒祠の島』。
文庫化されていたので購入。『屍鬼』以来なのですいぶん久しぶりですが、今度は本格ミステリです。 というか『屍鬼』も最初はミステリだと思って読んでたらホラーだったんですけどね(w
『十二国記』の続編は書く予定あるのかなあ。

西尾維新 『新本格魔法少女りすか』。
ニャルラ。

PAR - perl to exe
Windowsの場合、Perl実行環境があるというのは特殊なわけで、ネイティブな実行形式に変換できるのはなかなか重宝するかもしれません。 CGIでもないスクリプトを他人に渡すような機会ってあまり無いんですけど…。
PAR は次のような仕組みで動いている。

・必要なファイルをすべて実行ファイルにパックして、
・実行時にそれらをテンポラリディレクトリにすべて展開し、
・実行ファイルにパックした Perl インタプリタの DLL を使って実行する

このため、起動時にファイルを展開する時間が少々かかる。

興味深いのはPerl で GUI: Win32::GUI と Win32::GUI::Loft を使うというエントリ。 なんとPerlでGUIが作れるとのことで、PARと組み合わせるとスタンドアローンなWindowsアプリケーションになるらしいです。 Win32::GUIがどの程度までのGUIを提供できるのかは分からないんですが、Perlだけでここまでできるとは奥深い…。
Wheelman
わ、凄いカコイイですよ! なんというかスケボーとミニバイクを足して割ったような乗り物なんですが、もうフォルムだけ見ても痺れます。 ホイールの中心部に足を乗せる場所があるという独特の形状で、スロットルは手元にあるみたいですね。 バランス感覚の悪いのでこういう乗り物は苦手なんですが、乗りこなせたら楽しいだろうなー。なんて。 当然公道走行は不可です。

Google検索するとそれなりに引っかかるんですね。お値段は日本円で14.5万くらい、と。
公式サイトぽいのがもう一つあるけど、どっちが本家なんだろ。 こちらはQuickTime動画あり。
雑記
ぎゃるぱにXフリー化
体験版の難易度に大層へこまされた記憶があるんですが、これはリベンジでしょうということでダウンロード。 気がついたらこんな時間まで没頭してました…。かろうじてクリアが数回、ギャラリーは全然埋まらず。 この分じゃ、「シスプリガントレット」の正式版が公開される頃になってもコンプできなさそうですよ(w

Sleipnir 1.62
1.56のままだったので更新。 メニューバーの構成が変わって最上段に検索バーを並べられなくなったり、ツールバーアイコンが一部表示されないので設定リセットする 羽目になったりで欝。そろそろインターフェース周りは落ち着いてもいいと思うんですけど、どうなんでしょうか。 …なんて思ってたら、メニューバーの項目ごと削除できることが分かったので特に問題無いことが判明。 カスタマイズは結構奥が深いですねえ。正直シマンテック。