棚からパルチャギ

日々の雑記、ニュース拾いとか

2004. 04. 13

檀家の管理にもシステム化の波
別の探し物してたら辿り着いてしまったんですが、なんてニッチな市場をターゲットにした素敵ソフトなんだ!と感動していたら 意外と寺院管理ソフトの需要はあるのかなーとも思ってしまったり。 どれも名前がそれっぽくて良いなあ。

ただ、こないだ墓参りに行ってきたんですが、佐賀県の片田舎である親父の実家では寺院はおろか一般家庭にもパソコンは普及していませんでしたけどね…。 どのくらい売れてるんだろか。
Rubyの無料チュートリアル公開
日曜プログラマー応援サイト「スンマ」にて"Ruby実習マニュアル"と称された無料チュートリアルが公開されました。

オブジェクト指向の概念からRubyプログラミングの基礎、ネットワークやTkを用いたGUIプログラムまで内容のほうもかなり充実しています。 コード主体ではなく仕様や概念からRubyという言語を理解していくような感じなので、じっくり学びたい人向けかもしれませんね。

配布形式はPDFとLaTex。目次や索引もしっかりあるので、出力してまとめておけば下手な本を買うよりも全然立派な参考書が手に入りますよ。 こんな素晴らしいドキュメントを公開された大黒学氏に感謝 ヽ(´ー`)ノ
creamsoda.jp
なんかexciteがまた妙なサービスを始めたみたいなんですが、さすが後発だけあってアバターが凄いですね。 服を着替えるんじゃなくて、最初から着てないとは思いませんでした。トップページなんだし下着姿てのはどうなんですか。あ、全裸じゃないですよ?

まあ、そんなことはどうでもいいんですが出会い系サイトらしくそれっぽいコンテンツが並んでる中でゲームの解説がなかなかそっけなくて素敵です。 以下、『ラブアロー』の解説より (↓)
Q.「両思い」になれなかった場合はどうなるのでしょうか?
A. ロビーに戻ります。

Q. 誰も自分のことを選んでくれなかった場合はどうなるのですか?
A. ロビーに戻ります。

…多分、耐えられないと思った。

2004. 04. 12

付箋とWikiの融合した不思議空間 Wema
わ、凄いですよ。というか激しく面白い。

その昔、PukiWiki.orgでも似たような話題があったようですが、こういうイメージになるんですか。 Wikiとしての利用よりもコミュニティ空間としていろいろ遊べそうです。絵チャットやってるような感覚でげしげしと書き込んだりとか。 日に日に進化しているぽいですし、これからどんな機能が増えていくのかも楽しみですね。 dustboxの混沌ぷりがすこぶるよろし。
Yahoo! BB 45M
速度測定サイトでだいたい16~20Mbps。 26Mサービスでも12Mbpsくらいは出ていたので微増といった感じです。 料金100円しか上がってないので特に文句も無いんですが、NTT局から100m以内の我が家でこれってのもなー。
鋼の錬金術師
衝動的に全巻購入してみました。

巷の評判で悪いものをほとんど聞かないのでどんなものかと思ってたんですが、確かに面白いなぁ。 1巻目から安定してるし、これがデビュー作という作者さん恐るべしです。

アニメ版のほうとは話の構成が結構違っていたのは意外ですね。 あっちはあっちでまとまってるし、十二国記もそうだったけど會川昇がいい仕事してるってことですか。

それにしても全巻というのは失敗。じわじわ買わないと先が気になって体に悪いですよ…。

2004. 04. 10

Windows Noise Becomes Music
Windows標準のサウンドファイルのみを使って演奏するFlashムービー。

速度を調節して音程を変えたり、逆転再生したりと小技も駆使していろいろな音色を作りつつ、ちゃんと曲っぽくなってるのが面白いです。 これが全て実際に操作しながらの演奏だったら、もう神認定だったのに。
ファミコン20THアニバーサリーオリジナル・サウンド・トラックスVOL.3
というか 『マドゥーラの翼』キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
小学生のときに『ワルキューレの冒険』と間違えて買ったんですが(いや、どっちも少女+魔法剣士だし…)、結局後で買ったワルキューレよりも全然遊んでましたねー。 今回の「GMのツボ」はキャラデザ もりけん氏のコラムだし、さすがサイトロンはよく分かってます。

今回はマニアックなラインナップでなかなか熱いですけど、今度もこういう路線だったらいいなぁ。
"新江ノ島水族館への誘い"
企画監修・荒俣宏、造形製作・海洋堂の江ノ島水族館リニューアル記念フィギュアてことで、水族館で販売されるフィギュアを セブンイレブン限定企画で先行公開らしいです。 ドリンクなんかに付属しているので無料というのはお得かも…と思って普段買わないペットボトルを買ってれば結局乗せられてるんですが(w

や、でもこれは150円の食玩(?)と考えても安い気がしますね。 サンクスなんて『G-Taste 胸像』なんて頭の悪い商品を300円で売ってましたし。 まあ、サンクスの食玩コーナーが混沌としているのは今に始まったことではないので、はやく原色人体解剖図鑑が 発売されないかなーと期待してます。あと日本の民話も。
なんだか
よく分からない仕事に追われて忙しいです。
「うちは何でもやりますよ」と筋違いの仕事を取ってくる社長をどうにかしてください。

2004. 04. 07

言語仕様を理解するということ
ああ、なんか未熟さを痛感させられます(w

正直な話、StringBuffer→String変換はtoString()を用いるのが正道だと思ってました。 これはIteratorをwhileループで回すかforループで回すかなんていう宗教論とは全く違う話で、結果が同じだからどうとかいう問題ではないんですよね。 JavaHouseの一連の議論を読んだほうがこの問題の本質を理解できるかもしれませんが、 確かにObuject#toString()の意味を考えるとStringBufferからStringへの変換にtoString()は非推奨どころか間違ってます。

こういうのは無視しちゃいけないとは思っていても、知らずに間違えてること多いんだろうなあ。クンフーが足りないわ。
Yahoo!BB サービス変更
45Mのサービスに申し込んでみたものの、切り替え工事が完了してもモデムが届かないのでまだ回線不通。 毎度のことではあるんですが、期日指定で工事日の翌日到着だと当日から使えないのでちょと切ないです…。

2004. 04. 06

Rubyで書かれたblosxomクローン 『lily』
Rubyはほとんど触ったことが無いので中身は見てないですが、テキストファイルのアップロードで投稿するスタイルや、 flavour、pluginといった要素、シンプルなシステムと柔軟な拡張性という点まで含めてblosoxmを忠実に移植したような感じでしょうか。 本家Perl版とflavourの互換性があるというのは良いですね。あと『lily』って名前も。

Ruby版blosxomというとnihohiのほうをRubyの勉強がてら触ってみたいと思ってたんですが、 時間が無いのでなかなか。独自のIoCコンテナを持っていたりと結構面白そうだったんですけど、こちらは万人向けじゃない気はします。
猥褻国家 インカ帝国
ワラタ。深読みすれば更に出てきそうな気がしますね。
マンコ皇帝は結構有名かもしれないけど、他にもインカ帝国だけでこんなにあったなんて…。
JavaApplet版 『ぬ献上ゲーム』
や、もう本当にボーボボは大好きなんですけど。 先週号だかの作中に出てきた『ぬ献上ゲーム』を実際に作ってしまった方がいるようで、いやはや素晴らしいです。 技術とはこういうところに活かされるものですねっ。

ルールは単純だけど、なんかむきになって結構遊んでました。 192ぬくらい献上したところでランキングを覗いてみたら普通に500とか1000とかぞろぞろいるんですか。暇人どもめ(w 。 というか、1位の10027ぬって…

2004. 04. 05

ABA Games 新作「TUMIKI Fighters」公開
破壊した敵を自機にくっつけてパワーアップしていく横スクロールSTG。

シンプルなようでいてしっかり遊べるという作りは、毎度ながら素晴らしいですね。 敵の破片は援護射撃とバリアの役割になるんですが、大きな破片ほど攻撃が強力な代わりに当たり判定が広いためすぐに壊されてしまうので、 くっつけておくのがなかなか難しいです。 とりあえず、効率よく破片を集めるにはショットを上向き固定にして待つべし…かな。

破片を集めて自機を大きくしていくのがそれだけで楽しくて、巨大合体ロボに憧れる心理というのか、これはアイデア勝ちだよなーなんて思ってみたり。 弾幕度は低めですが、難易度はそれなり。敵機か破片か分からなくてよく特攻かけてます(w。

フルスクリーンだと画面上部にゴミがでるだけだったので-windowオプション付で起動。

2004. 04. 04

上海アリス幻樂団 新作「東方永夜抄」紹介ページ公開
今度の東方イベント『博麗神社例大祭』で体験版が配布されるそうで、もうそんなに開発進んでたんですね。 あまり代わり映えのしないスクリーンショットも公開中。 いや…まあ安定というか。 夏には完成版とのことですが、今のPCでは『東方妖々夢』もギリギリ動作だったので『永夜抄』公開前には新調しないとですねー。 推奨環境は…って「幻視能力」?

新作といえば黄昏フロンティアの『東方萃夢想 ~ Immaterial and Missing Power.』は エイプリルフールのネタなのかと思ってしまったんですが、ZUN氏との共同開発というのは本当だったんですか。 格闘ゲームは得意じゃないので微妙ですけど、「弾幕格闘アクション」と銘打ってるのはちょっと気になりますね。 しかし、月姫も東方シリーズも同人作品から同人作品が生まれるムーブメントというのはつくづく凄い話だなあ。
textareaとテキストエディタ連携
下の記事の元ネタ(?)はこちらみたいですね。 IE以外のブラウザやツールでの対応なんかも載っています。

コメント欄で見つけたんですが、個人的にはEmacs/MeadowからPukiWikiに書き込めるpukiwiki-modeが興味ありです。 連携というかある意味フロントエンドになってますけど、最近は私用でも仕事でもちょっとしたメモから情報の整理までWikiを使う機会が多いのでこれは便利かも。
Webブラウザの入力フォームで好きなエディタを使う
これはいいですねー。 そもそもtextareaにそれなりの量を書き込むときはいちいちテキストエディタを起動してコピペしていたんですが、 やってることは同じだけど起動→コピペを自動化してくれるだけでだいぶ使い勝手が違います。

いろいろなツールの中からblosxomを選択した理由のひとつには愛用のテキストエディタを使えるというのがありますけど、 これだったらブラウザ上で編集するようなツールも選択肢に入ってたかもしれません。 あー、でも最近の(昔から?)blogツールはJavaScriptやらDHTMLやらでリッチテキストが編集できたり異常に高機能なのでまた話は変わってくるのかな。

2004. 04. 03

買い物
ちょっと足を伸ばして近場の本屋には売ってなかった本を買いにいってみたり。

『蘇るPC-9801伝説』。
『荒木飛呂彦短編集 ゴージャス★アイリン』。
『凹村戦争』。

西島大介氏の『凹村戦争』はなんとなく目にとまってしまったので購入。 や、これは本棚に水色背表紙の文庫がたくさん並んでるような人はニヤニヤしながら読めると思いますよ。 あらすじ読んで正統なSFだと思った人は多分騙されますけど(w

過去のエントリ
ずっと気にしていたんですが、今までのstory.htmlはデフォルト(本体内蔵)のflavourを流用したものなので<p>タグで囲まれていまして。 ブロック要素が持てないもんだから</p><div>~</div><p>なんて頭の悪いことをしてたりだったので、この際過去の汚点は全て封印してしまいました。 というか、書き直すのが面倒だったので…。

そんなこんなで当面いろいろと調整中かもしれませんが、よしなに。
改装とblosxomの再導入
模様替えするたびに、どんどん味気なくなってますけど(w

ついでにblosxomも入れなおしてflavourも全部書き直してみたりとか。 blosxomはだいぶ本体に手を加えてしまったのが気持ち悪くなってきたので、やっぱり全部プラグインで実装することにしようかなーと思いまして。 これで新しく増えたプラグインなんかも試せるようになったことだし、いろいろと遊ぶ予定です。 blosxom starter kitも使ってみたかったんですが、とりあえず自分で弄るほうが楽しそうだったのでそれは別の機会に。 正式版も間近みたいですね。
更新再開
ということで、やっとこさ復帰しますた。
更新できる時間があるというのはいいですねー。